やり取りを続けすぎない

スマホを持つ人

返信したいと思わせる

恋愛を進めていく上で、lineは欠かせないツールです。気軽にやり取りができ、既読のサインが分かるlineは、片思いの相手とのやり取りがしやすいという利点があります。しかし、気をつけてやり取りをしないと相手の負担となってしまう可能性があります。lineでのやり取りが盛り上がると、脈ありの可能性が高まります。また、スタンプや絵文字も脈ありのサインだと言われています。楽しいやり取りは、もっと続けたいという思いが高まり、つい長時間に及びがちです。しかし、長いlineでのやり取りは相手の重荷となり、脈ありであった気持ちが離れてしまうケースがあります。lineでのやり取りでは、相手が現在置かれている状況が分かりません。自分が盛り上がっていると考えているやり取りも、相手は忙しい中で精一杯返信をしているかもしれません。lineはなるべく短文のやり取りを心がけ、相手から返信したいと思わせる程度に留めておく必要があります。物足りなさは、もう一度やり取りをしたいという思いに変わります。自分の気持ちを押し付けたたやり取りにせず、少し余裕を持って対応すると良いです。また、lineでのやり取りは後から読み返すことができます。やり取りをしている時は楽しかったやり取りも、後日改めて読み返してみると気持ちが冷めてしまう要因となってしまうこともあります。文章は後から読み返すことも考えて送りましょう。lineで頻繁にやり取りができるということは、脈ありである可能性が高い状況です。せっかくの好意が自分本位のやり取りで負担に変わってしまわないように気をつけることが大切です。

Copyright© 2017 バツイチでも婚活を成功させる方法ろ伝授【離婚経験を隠さない】 All Rights Reserved.